「ml」と「cc」と「g」の違いとは?

a4e853e3ecdb4819d6b9f47fab976ea8_s

料理やお菓子を作るとき、水や醤油などの液体を図る単位として

「ml」(ミリリットル)
「cc」(シーシー)

が良く使われています。

これって、なにが違うのでしょう?

「g」(グラム)

が使われている場合は、どう違うのでしょう?

それぞれを詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

「ml」と「cc」とは?

実は、「ml」と「cc」は同じです。

体積を測る単位、1立方cm(cm3)として、
縦横高さが1cmの小さな四角形の中にはいる水の量のこと。

それぞれ、言葉の意味が違うので混在していますが、
液体を図る単位としては、同じです。

1ml = 1cc

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

「g」とは?

重さをはかる単位のこと。

「ml」と「cc」は体積なので、「g」とは別物。

1cm角の木材と鉄材では、体積は一緒ですが重さは別。
これと同じように、砂糖の1gと1ml(cc)は違います。
水分でも一緒。

1g ≠ 1ml = 1cc

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

「ml」とは?

「ml」の「m」は、1/1000という意味。

つまり、1Lの1/1000。

「ml」は「L」(リットル)の千分の一として作られた単位です。
よく、飲料水や薬の単位として使われています。

補足として、「dl」(デシリットル)というものがあります。

1dlは、100mlのことを表しています。

「dl」の「d」は、1/10という意味。

1L = 10dl = 1000ml

「cc」とは?

「cc」は、立方センチメートル(Cudic centimeter)の略称。

英語の略称として作られた単位。

なので、1cc=1cm3

1ccが1000ccになると、1Lなります。
よく、自動車やバイクの排気量の単位として使われます。

d70809644d47956cdd7d9647e308f8cc_s

「ml」と「cc」と「g」の違いとは?

「ml」と「cc」の違いは、名称の違いだけ。

どちらも、1立方cmの中の体積のこと。
1000個集まると、1Lになります。

「g」は体積ではなく、重さの単位

「ml」と「cc」とは、計っているものが違うので、別物。
水の100ml(cc)と100gでは量が違います。

「ml」も「cc」も、計量カップや計量スプーンに表示されてます。
どちらも同じなので、好きな方を使うといいと思います。

「g」を計るときは、キッチンスケールなどの重さ用のものを使いましょう。


スポンサードリンク