中秋の名月・十五夜とは?

%e5%8d%81%e4%ba%94%e5%a4%9c

秋になると中秋の名月十五夜がやってきます。

月にお団子とすすきを供えて、お月見をする・・・

 

だけど、中秋の名月と十五夜の違いとはなんでしょう?

どちらも同じ日のことを指していますが・・・

 

中秋の名月と十五夜の違いと、意味について調べてみました!

 

スポンサードリンク

✱ 中秋の名月とは?

まず、中秋とは秋の真ん中」のこと。

昔使われていた旧暦では、秋は7月から9月の間。

その真ん中に当たる「8月15日」が中秋になります。

%e6%9c%88%e8%a6%8b

秋には昔から月が綺麗に見え、特に中秋にはとても綺麗に見えたことから、

中秋の名月として月見が行われるようになったそうです。

 

 

✱ 十五夜とは?

十五夜とは、「芋名月」(いもなづき)と呼ばれる収獲を祝う日のこと。

名前の通り、里芋やサツマイモなど、秋が旬のイモ類の収獲をお祝いします。

月にお供えをして、収獲に感謝します。

 

他にも、十三夜には栗や豆類の収獲を祝ったり、

十日夜にはお米の収獲を祝うものもあります。

%e8%8a%8b

 

月の真ん中に当たる15日には、月が満月に近い状態になります。

中秋の名月として、月がキレイに見える理由として、

満月、もしくは満月にほとんど近い状態の月が見えることから、

十五夜の中秋の名月にはお月見をします。

 

 

✱ 中秋の名月と十五夜の違いとは?

中秋の名月と十五夜は、呼び名が違うだけで、本当は一緒。

同じ、旧暦の8月15日のことを指しています。

 

中秋の名月、十五夜は毎年同じ日じゃない・・・!

 

十五夜は満月か、ほとんど満月に近い状態と言いましたが、

本当に、満月とは限りません。

%e6%9c%88

そして、旧暦の数え方は今の西暦の数え方とは少し違ってくるので、

毎年同じ日が中秋の名月になるとは限らないのです。

  • 2016年;平成28年 = 9月15日
  • 2017年;平成29年 = 10月4日
  • 2018年;平成30年 = 9月24日
  • 2019年;平成31年 = 9月31日
  • 2020年;平成32年 = 10月1日

こんな風に、少しずつズレているのです。

お月見をする時は、その年の中秋の名月の日を確認してから

お月見団子や月見の用意を揃えるようにしましょう。

 


スポンサードリンク