フィナンシェとマドレーヌの違い

フィナンシェマドレーヌの違いは何でしょう?

その答えは・・・・・・

 

  • 最初に作った人
  • 材料の違い
  • 形の違い

 

それぞれをまとめてみました!

 

スポンサードリンク

フィナンシェとマドレーヌの違い

 

✱ 作った人の違い

 

フィナンシェができたのはパリ。

金融機関の多い街周辺のお店が発祥とされ、

言葉には、「お金持ち」「金融家」という意味があります。

 

マドレーヌができたのはフランス。

メイドだった「マドレーヌ」という人が作ったお菓子。

その後、パリなどで有名になっていった。

 

✱ 材料の違い 

どちらも主に、小麦粉と砂糖、ベーキングパウダーが使われていますが、

特徴的な違いがあります。

 

フィナンシェには・・・

「焦がしバター」

「アーモンドプードル」

「卵白」

 

マドレーヌには・・・

「溶かしバター」

「レモンの皮(or果汁)」

「全卵」

 

741e3a7cfb63e888190dac26fb1b5934_s

 

✱「焦がしバター」と「溶かしバター」の違いは、

小鍋などで少し泡立つくらいに焦がしたものか、

湯煎などで液体になるまで溶かしたもの。

✱「アーモンドプードル」はアーモンドを粉状にしたもの。

アーモンドパウダーとも呼ばれるもの。

✱「レモンの皮」は、表面の黄色い部分だけを削ったの。

白い部分まで削ってしまうと、苦味が多いので注意。

✱「卵白」と「全卵」の違いは、

卵の白身だけか、白身と黄身のどちらも。という意味。

 

 

✱ 形の違い 

 

フィナンシェは、金融関係ということで

金塊の形を真似た長方形が特徴的。

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a7

 

マドレーヌは、貝殻の形が特徴的。

他にも、ギザギザなケーキカップなどに入っていることも。

%e3%83%9e%e3%83%89%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8c

 

✱ その他の違い・・・

 

味は、材料の違いから少し違います。

アーモンドの香りが漂うサックリとした食感のものがフィナンシェ

柑橘とバターが香る、甘くシットリしたものがマドレーヌ

 

作り方は、材料を混ぜるだけのマドレーヌの方が簡単。

バターを焦がす手間はありますが、それさえできれば、

フィナンシェもほとんど同じ作り方。

 

 

お好きな方を作ってみたり、ケーキ屋さんなどで買うときに

違いを確かめてみても楽しいですね。

 

 


スポンサードリンク