ひな祭りの行事食・ちらし寿司の意味と由来

ちらし寿司

ひな祭りとは、季節の変わり目に、人形に自分の厄を移して厄払いをする行事です。

本来は、全ての人に当てはまる厄払い行事だったのですが、
いつしか女の子成長と健康を祈願する厄払い行事として浸透してきました。

女の子の行事ということは、やっぱり行事食もキレイで可愛く、お淑やかなもので!

そこで、飾り物のようなキレイなひな祭りの食べ物、
☆ちらし寿司
についてまとめてみました。

スポンサードリンク


ちらし寿司

☆ ちらし寿司

ちらし寿司は、祝い事の際に食べられる縁起の良いもの。

ひな祭りに決まって食べられていた。という風習ではないのですが、

見た目のキレイさと、中に入っている具材の意味がひな祭りにピッタリなので

この風習が定着したようです。

▼ ちらし寿司の中に入っている具材の意味
・エビ   ・・・長寿
・タイ   ・・・めでたい(祝)
・レンコン ・・・先の見通しが効く
・豆    ・・・健康でマメに働ける
・菜の花  ・・・春の訪れ

など。
他にも、錦糸卵人参三つ葉などの色とりどりの具材がそろっています

目にも美しく、女の子のようにキレイで可愛いお料理です

旬の食材が使われることで、

 体調を崩しやすい季節の変わり目栄養を付け、

 身体を丈夫に保って健康に過ごすためと言われています。

色んな季節の変わり目にある行事にピッタリな料理なので、
好きな具材旬の食材を使うとより楽しそうです!

◇なによりも、ちらし寿司は大皿すし桶などの大きな器で作られることが多く、

 家族や親族が集まって食卓を囲む際にはちょうどいい料理です。

 それに、あまり火を使わずに作ることができるので、

 お子さんと一緒に楽しく料理ができます。

行事はまず、楽しく行わないと!

笑う門には福来る」です。

☆厄払いの行事なので、笑顔で作ってもっと楽しく厄払いしましょう!

☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆

ひな祭りについての関連記事♪

ひな祭りの行事食・ハマグリのお吸い物とひし餅の意味と由来

ひな祭りの甘いお菓子!甘酒・白酒と雛あられの意味と由来!

ひな壇の雛人形の飾り方!

雛人形をしまわないと結婚が遅くなるの? 雛人形を飾る意味と時期!

雛人形、お雛様に三人官女、五人囃子・右大臣・左大臣・三人上戸・・・それぞれの意味とは?

上巳の節句とは?


スポンサードリンク



コメントを残す