ひな祭りの行事食・ハマグリのお吸い物とひし餅の意味と由来

ひな祭りは女の子の健やかな成長と健康を祈って厄払いをする行事!

ということで、料理も飾り物も女の子にちなんで色鮮やか。

キレイに澄んだハマグリのお吸い物に、

菱型を型ちどった三食のお餅、ひし餅

今回はその2つの意味と由来を調べてみました。

スポンサードリンク


ハマグリ

☆ ハマグリのお吸い物

◇まず、ハマグリというのは、昔から
 女の子の貞操を意味します。

 それは、ハマグリの二枚の殻は、対になっている者同士しか合わないからです。

 蝶つがいのような元の部分が、別々の貝の殻だと絶対に合わず
 閉まることもなければ、キレイな形に合わさることもありません。

 そこから ◇良い夫婦◇ の象徴ともされています。

〇 将来、女の子がいい相手と結ばれ、
  良い夫婦となって幸せになれるように。

ハマグリのお吸い物には、こんな願いが込められているんです。

親が子を思う気持ちが風習となり、今でも残って大切にされています。

☆ プチ情報 ☆
(江戸時代からは、そのハマグリの殻を使って、貝の内側に絵をかき、
 神経衰弱のような『貝合わせ』という遊びをしていました)

☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆

☆ ひし餅
ひし餅
ひし餅はもともと、中国の上巳の節句というものから伝わったお菓子です。
(元々、ひな祭りは中国から伝わった上巳という行事が起源です)

中国の草餅が伝わり、日本ではヨモギ餅になりました。

昔は、ひし餅ではなく、普通のヨモギ餅だったんです!
しかもひし形ではありませんでした・・・

江戸時代に、縁起の良い紅白を入れた3色に変わり、
 さらに心臓想いを意味するひし形に作られたのです。

▼ それぞれにもちゃんと意味があります。
・緑  ・・・「大地」健康や長寿。
・白  ・・・「 雪 」清浄。
・ピンク・・・「 桃 」魔除け・厄除け。

大地というのは
『雪が溶けた大地に草が芽生え、桃の花が咲く』

という春の訪れの意味を持っているのです。

▼ さらに、色付けの食材にも意味が!
・緑 = ヨモギ   ・・・・・・薬用にも用いられ、苦い香りから厄除けとして。
・白 = 白餅(ヒシの実) ・・・血圧を下げる効果。
・ピンク = クチナシ   ・・・解毒作用がある。

身体に害を及ぼすものを全て遠ざけてくれるものばかり。

さらにそれを形作るひし形

親から子への健やかな成長への想いや健康への心遣いが全てつまった、
とてもキレイで美味しい食べ物なのです!

☆ プチ情報 ☆
(昔は、飾り終えて乾燥したひし餅を砕いて、焼いたものを雛あられとして食べていました)
ひな壇にも、ちゃんとひし餅が供えられています。
ひし餅は、ひな祭りには欠かせない甘くて美味しいお菓子です!

☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆

ひな祭りについての関連記事♪

『ひな祭りの行事食・ちらし寿司の意味と由来』

ひな祭りの甘いお菓子!甘酒・白酒と雛あられの意味と由来!

ひな壇の雛人形の飾り方!

雛人形をしまわないと結婚が遅くなるの? 雛人形を飾る意味と時期!

雛人形、お雛様に三人官女、五人囃子・右大臣・左大臣・三人上戸・・・それぞれの意味とは?

上巳の節句とは?


スポンサードリンク



コメントを残す