雛人形をしまわないと結婚が遅くなるの? 雛人形を飾る意味と時期!

ひな祭りは、江戸時代ごろから女の子の成長と健康を祈る行事。

雛人形に欠かせないのはお内裏様お雛様

この二人だけの雛壇もあれば、七段もある雛壇も。

ところで、「雛人形をしまうのが遅いと嫁に行き遅れる」って

聞いたことありませんか?

本当なのか迷信なのか・・・

スポンサードリンク


▼ まずはどうして人形を飾るようになったのか?

〇 室町時代に、「ひとがた」というものを作って、

  自分の厄や悪いものを「ひとがた」に移して

  身代わりになってもらい、それを川や海に流す「流し雛」
  という風習がありました。

〇 人形は平安時代から、子どものおままごとに使われ、

  昔はそれを「ひいな遊び」と呼んでいました。

これらの二つが合わさり、江戸時代から『桃の節句』(3月3日)ができました。

そこで、豪華な雛人形や段飾りが作られ、

お家に女の子が生まれると、その身代わり人形として、キレイな雛人形を用意したのです。

雛人形とは、健康や成長を願ったものなのです。

雛

▼ 雛人形をしまうのが遅くなると、結婚するのが遅くなる?

よく言われる言い伝えです。

これにも、きちんと意味があるんです。

 片付けができない、しつけの悪い子

 ☆時期外れになっても、雛人形が片付いていない家の子は
  だらしなくてお嫁にいけない。

生活や行事などの始めと終わりがきっちり出来て、
物事を段取り良くこなせることが、
何事においても良いこととされています。

きちんと片付けができる。ということだけで、十分みたいですね。

☆ プチ情報 ☆

雛人形を飾り始めるのは、二月の節分を過ぎてから。

 ただし、ひな祭りの前日に飾ってしまうのは縁起が悪いと言われています。

 前日にバタバタと飾るよりは、それよりも前にゆっくり飾るか、当日後日にしましょう。

仕舞うのは、三月三日のひな祭りが終わってから。

 四月になる前に片付けましょう。

☆ 雛人形はとても繊細で、小道具なども細かいものばかり。

 片付ける前に、写真を撮って並べる場所や小道具の置き方などをちゃんと保存しておきましょう。
 (よく忘れます)

☆ 人形の髪や着物、お顔は、とても湿気を含みやすいので、

 前日や当日に雨が降っている日は片付けてはいけません。

 湿気たままで片付けると、着物が色あせたり、手やお顔にひびが入ったり、

 髪がちじれてしまったり、カビが生えてしまうこともあります。

 晴れた日に、綿や和紙などで丁寧に包んでしまってあげてください。

 ちなみに、飾っているときには、ほんの一週間や二週間でも、ホコリをかぶっています。

 しまう前に、羽箒などでホコリを払ってあげてくださいね。

_____________________________________________

大事な娘に対する想いが全てつまった物なんだな、と思うと
1日中、母が壇を作って人形を飾ってくれていた姿が
今になってありがたく思えてきます。

早く雛人形を片付けてくれていたけれど、
まだお嫁には行けそうにないです。
ごめんね!

早くしまっても、遅くしまっても、お嫁にいけない時まだ来ないです!

☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆

ひな祭りについての関連記事♪

『ひな祭りの行事食・ちらし寿司の意味と由来』

ひな祭りの行事食・ハマグリのお吸い物とひし餅の意味と由来

ひな祭りの甘いお菓子!甘酒・白酒と雛あられの意味と由来!

ひな壇の雛人形の飾り方!

雛人形、お雛様に三人官女、五人囃子・右大臣・左大臣・三人上戸・・・それぞれの意味とは?

上巳の節句とは?


スポンサードリンク



コメントを残す