雛人形、三人官女、五人囃子・右大臣・左大臣・三人上戸・・・それぞれの意味とは?

雛人形は、一人ずつちゃんと役割を持った大切な人。

世話役だったり守る人だったり、笑ったり怒ったりしている人もいます。

新王、三人官女、五人囃子、仕丁、隋臣・・・

昔から気になっていたことを調べてみました!

スポンサードリンク


ウサギ雛

◇ お内裏様とお雛様
 〇お内裏様 :(しゃく)を持ち、天皇や新王だけが着けられる纓(えい)を着け、威厳のある姿で座っています。
 (=冠についている薄い羽のような飾り)

 〇お雛様 :キレイな十二単(じゅうにひとえ)や刺繍の入った着物を身にまとい、を持って微笑んでいる。
 
・そのお家の女の子の健康と成長を見守ってくれています。

◇ 三人官女(さんにんかんじょ)
 〇銚子 :お酒を注ぐ急須(銚子)を右手に持っている女性。
 (ちょうし)

 〇中央座り :三人官女の女官長。お酒の盃が乗っている台(お三宝・島台)を両手で持っている女性
 (ちゅうおうすわり)

 〇長江銚子 :お酒を注ぐためのを両手で長江銚子を持っている女性
 (ながえちょうし)

行事の時に飲むお酒を用意してくれる給仕役の方たち。
 普段からお内裏様とお雛様のお世話をして、身の周りの気配りをしています。

中央座りの女性は、既婚者で眉がありません。
 銚子と長江銚子の二人は未婚で、キレイな眉をしています。

◇五人囃子(ごにんばやし)
 〇太鼓 :前に太鼓を置き、太鼓を叩くばちを持っている
 (たいこ)

 〇大鼓 :左手で大鼓を持ち、身体の前に構えて右手で打つ
 (おおかわ)

 〇小鼓 :右手で鼓を肩の上に担ぐように構え、打つ左手を鼓のそばに添えている
 (こづつみ)

 〇笛  :横笛を両手で支えて右の方に流している
 (ふえ)

 〇謡  :扇を右手に持ち、ちょこんと座っている
 (うたい)

みんな烏帽子をかぶっています。
ひな祭りを彩ってくれる音楽を奏でてくれます。

◇ 隋臣(ずいじん・ずいしん)
 〇 右大臣 :若い男性

 〇 左大臣 :ひげを生やした年配の男性。右大臣の上司

持ち物は二人とも同じです。
・冠
・左の腰に刀
・左手に弓
・右手には手持ちの矢
・背中の矢の束は右の肩の方に傾いていて、右手で取りやすいように

 お内裏様とお雛様の衛士
 武官なので、二人を守る大切な人たち。
 二人から見て右大臣と左大臣なので、段を見上げる私達からは、逆になります。

◇ 仕丁:三人上戸(さんにんじょうご)
この方たちは、一般なものと、京都風で持っているものが違います。

・一般型
 〇 台傘(だいがさ) :日傘を右側に傾けて持った男性

 〇 沓台(くつだい) :女性の靴を置く台(沓台)を持った顔の男性

 〇 立傘(たてがさ) :雨傘を左側に傾けて持った男性

お内裏様とお雛様の日除けと雨よけなど、気遣いをしてくれます。

・京都風
 〇 熊手(くまで) :砂利の上の落ち葉を掃除する熊手を持った男性

 〇 塵取り(ちりとり) :落ち葉や塵を集める掃除道具を持った男性

 〇 箒(ほうき) :掃き掃除をする道具を持った男性

身の周りの掃除を引き受けてくれる、綺麗好きな方たちです。

・長い持ち物は、どれも外側に向けて傾くようになっています。
・三人上戸というのは、『怒り上戸』『泣き上戸』『笑い上戸』
 台傘:熊手 =怒り上戸
 沓台:塵取り=泣き上戸
 立傘:箒  =笑い上戸

 として、それぞれ表情が豊かだからです。
 喜怒哀楽を表しています。

雛人形

☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆

ひな祭りについての関連記事♪

『ひな祭りの行事食・ちらし寿司の意味と由来』

ひな祭りの行事食・ハマグリのお吸い物とひし餅の意味と由来

ひな祭りの甘いお菓子!甘酒・白酒と雛あられの意味と由来!

ひな壇の雛人形の飾り方!

雛人形をしまわないと結婚が遅くなるの? 雛人形を飾る意味と時期!

上巳の節句とは?


スポンサードリンク