節分の季節! ヒイラギとイワシで柊鰯を作ろう!! 

節分と言えば柊鰯と恵方巻!

節分は季節の変わり目。
その季節の変わり目に現れる邪気や災厄を鬼として、それを家から追い出す!
そして代わりに福を呼び込むのです。

平安時代くらいにはすでにその風習があったのです!

何といっても、豆をまいて鬼を退治し、豆を食べて無病息災を祈る行事です。
気合を入れて、今年一年のんびりと過ごしましょう。

節分と言えば、飾りつけと料理も重要です。
まずは柊鰯から!!

スポンサードリンク


27695fdc841044bae1fc6d9b712b2045

【柊鰯について】
地域によって形は異なりますが、これが柊鰯(ヒイラギイワシ)です。

〇イワシを焼いた時の臭いと煙が、厄を払う。
〇ヒイラギの葉っぱのトゲは鬼にとっても痛くて苦手。
〇鬼の弱点である目に柊の葉のトゲが刺さる。

こんな風に、鬼の嫌いなものを組み合わせられているんです。

【柊鰯の作り方】
  材料 : 葉のついた柊の枝
イワシの頭

〇イワシは頭を使います。

〇頭を焼きましょう。

〇柊の枝にイワシの頭を刺す。

これで完成です。
できたものは、玄関先に飾りましょう。

高い所に置いた方がいいです。
ネコさんが持っていっちゃうかもしれないし・・・

最近では、あまり玄関先に飾っているお宅を見ることはありませんが、
意外と家の中に飾っているところもあるみたいです。

家の中に入り込んでいる厄や鬼を払うのにはそれでもOKなのかもしれませんね!
マンションなんかでも、扉に飾るのが気が引ける・・・という方は
下駄箱の上なんかに飾ってもいいかもしれませんね

ただ、柊鰯を作るのが大変な方や、飾る場所がない。
そんな時は、イワシを使った料理を食べてもいいみたいです。

家の中でイワシを焼いて厄を払う!
イワシはとっても栄養分が豊富で美味しいし。

☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。

『ちめコミ豆情報』

イワシ=魚・弱い

漢字で書くと、イワシは「弱い魚
それは、イワシを釣りあげて陸に上げると、すぐに弱ってしまう魚だから。

「よわし」→「いわし」

と変化したみたいです。
弱るってことは、すぐに傷んでしまうということ。
なので、イワシは長持ちするように加工されることが多いんです。

缶詰として、酢や油などに漬けられたものが一般的。

「鰯の頭も信心から」=つまらないものでも信仰の対象となればありがたいものになる。
つまらないものって言われますけど、柊鰯のことです。

鬼が嫌いなんだから十分役に立ってると思うんだけどなー

☆イワシの幼魚、子供の時は何と!

ちりめんじゃこ』 や 『釜揚げシラス

とかなり美味しい食品なんです!
別の魚だと思っていましたが、まさか成長したらイワシになるなんて・・・

さて、節分の日の献立は決まりましたね。
イワシ料理恵方巻です!

☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。

節分っていろいろあるので、色々小分けにしてあります。

豆まきのこと、節分の日に食べる豆の数のことはこちら。
⇒  『節分の季節! 豆をまいて鬼を退治して豆を食べよう!

節分の恵方巻について。つくり方意味などはこちら。
⇒ 『節分の季節! 恵方巻の作り方と意味を丸かぶり!

◇ 恵方巻を向いて食べる方向は四種類しかない! 今年の方向が簡単にわかる!
⇒ 『節分の季節! 今年の恵方巻の方角は? 美味しく願いを叶えよう!


スポンサードリンク



コメントを残す