男の子の初節句・端午の節句って何をすればいいの?

男の子が生まれて初めて迎える節句(せっく)のことを

『初節句』と言います。

5月5日の端午の節句(たんごのせっく)

この日には、鎧兜五月人形などを飾り、こいのぼりを立てます。

そして宵節句として、端午の節句の前日などにみんなでお祝いします!

お家によってやり方も様々なので、いろいろとまとめてみました。

スポンサードリンク

☆初節句とは?

◇男の子の健やかな成長と厄除けを祈って、生まれてきたことをお祝いする日。

◇厄除けや魔除けの守り神として、鎧兜五月人形などを飾り、
 家の前にはこいのぼりを立てます。

両家の家族祖父母仲人や名付け親。などの方を招いて、お祝いしましょう。

◇みんなが楽しく過ごせる一日であること。

なにも難しいことはないんです。
とにかく、生まれてきてくれた子供に災厄がかからず、健康にたくましく育ってくれるように
みんなでお祈りをする日なんです。

節句まじかで生まれた子は、その年に初節句を行うことを伸ばして
 翌年に行うことがあります。

◇飾り物の用意が無かったり、食い初めもまだ済んでいない子のときは
 翌年に繰り越しても良いようです。

◇もっとも、赤ちゃんなので体調が万全な時の方が望ましいですし、
 無理をさせても可愛そうですしね。

翌年に延ばす場合は、端午の節句が過ぎてから、小さなお祝いをする家庭もあるようなので、
 それぞれのお家で一番やりやすい形をとるのが良いです。

 


スポンサードリンク