後鼻漏の対処法と症状が軽くなる方法!

後鼻漏(こうびろう)とは・・・

粘り気のある鼻汁がの方に落ち、
違和感や不快感、痰や咳が出る、声が枯れる、口臭がする・・・
などの症状が現れる、花粉症や鼻炎の方、鼻風邪をひいている方に多いものです。

そして一番困るのが、
きちんとした治療法や治療薬がないということ。

症状を軽くするには、自分で対処してケアするしかないのです。

スポンサードリンク


水花

 ☆ 後鼻漏になりやすい人の要因 ☆
 ・蓄膿症
 ・アレルギー性鼻炎(慢性鼻炎)
 ・花粉症
 ・鼻内部に腫瘍がある

  など、他にも様々な要因があります。
  そしてほとんどに共通しているのは、
 ◇鼻の粘膜が何らかの刺激を受けて炎症を起こし、大量の鼻水が発生している。

  鼻水は普段の正常な時でも作られていて、無意識のうちに飲み込んでいます。
  しかし、体調不良などで鼻水が粘性を帯びると、
  飲み込む際に違和感が現れ、後鼻漏の症状が現れます。

 ◇後鼻漏を治すということは、まず原因である
  体調不良を治さないといけません。
  鼻粘膜が炎症を起こし続けると、悪化していくだけです。
  しかも慢性化すると、鼻粘膜が弱り、鼻炎や花粉症など他の治療も、
  大変難しくなってきます。
  なので、早めの対策をしていきましょう!

 ★ マスクをつける ★
  呼吸をするときに、自分にとって害のあるアレルギー物質やウィルスなどを
  吸い込まないようにすることが第一です。

  後鼻漏では、痰や咳が出る人が多く、喉も炎症を起こしてしまいます。
  喉も大切な呼吸器官ですので、一緒に守ってあげましょう。

  「PM2.5」はとても微細な粒子で、鼻や喉に入りやすいものです。
  なるべく身体に入れないように、マスクで予防をしておきましょう。

 (鼻や喉を傷めている時は、湿ったマスクがとっても有効です!)
   ☆乾燥は、炎症を起こす一つの原因でもあります!

 ★ お風呂でケア ★
  鼻や喉を温め湿らせ、キレイにすることができます。
  ・お風呂場で、暖かい湯気を吸い込む。
  ・温かいお湯でうがいをする。(あまり強くしないように)
  ・鼻の上にシャワーなどでお湯をかける。

  のぼせたり、身体に負担がかからない程度で行ってください。

  温めることで、鼻づまりや鼻水が少し軽減します。
  身体が温まることで、代謝がよくなります。

  ◇水で濡らしたタオルをレンジで10~20秒ほど温め、
   ひと肌に冷ましたものを鼻の上に乗せているだけでも一時的な効果があります。
  (温まった後、鼻をかむと楽に鼻水が出てきます)

 ★ 細霧吸入器(さいむきゅうにゅうき)or 生理食塩水を入れて使える加湿器 ★
 専用の機械を使って行う方法です。
  加湿器よりも、出来るだけ専用の機械の方が安定しています。

  血液や汗、鼻水などの身体から分泌される体液には、塩分が含まれています。
  体液と同じ塩分量「生理食塩水」を吸い込むことによって、
  鼻内部の血流をよくし、活性化させることで鼻の粘膜を強くします。

  鼻の機能が良くなると、粘膜の免疫力なども高くなり、
  鼻炎などが軽減されるという効果があります。
  同時に、喉にも効果があるので、咳や喉が痛むなどにも効果ありです。
 (海岸沿いに住んでいる人は潮風の影響で鼻炎が少ない。という説もあります)

  ただし、一回だけで効くというわけではないので、
  機材が置いてある病院に通うか、機材を家にそろえる必要があります。
 ▼ 市販されている吸入器 ▼

 ◆アレルギーや職場環境、生活環境からなる蓄膿症を、
  日常的に症状を持っている方も、それ以上悪化しないためにも、
  毎日の鼻と喉のケアを行うといいと思います。


スポンサードリンク