クッキー:ビスケット:サブレの違いと名前の由来を検証!

クッキー1

クッキー』 『ビスケット』 『サブレ

 それぞれ名前は違いますが、
 実はほとんど同じもの

 小麦粉・バターなどを使って作られた焼き菓子のことをいいます。

 実はほとんど変わらない、それぞれの違いをしらべてみました!

スポンサードリンク


クッキー1

 どうして名前が分かれているのかと言うと、
 クッキー ・・・アメリカ
 ビスケット ・・イギリス
 サブレ ・・・・フランス

 それぞれの国から日本に伝わってきたから。
 
 ◇焼き菓子によって使い分けて使っているのは、
  日本だけのようです。٩(ˊᗜˋ*)و

  もともと日本になかったお菓子です。
  初めて伝わった時は、『ビスカウト』としてオランダから伝わり、
  その後いろんな国からも伝わり、変化していきました。

  ちなみに、クラッカー』『乾パン』『パイ』『プレッツェル
  もクッキーの仲間

☆。₀:* 日本での主な違い *:₀。☆

 クッキーは、「糖分脂肪分が全体の40%以上のもの」
  と、公正競争規約(全国ビスケット協会)で定められています。

 ビスケットは40%以下。
  型抜きして作られるものが多いく、水分が少ないのでパサパサする。
  空気穴があけられていることがある。

 サブレは40%以上と、クッキーよりも多く含まれている。
  クッキーよりもバターやショートニングが多く、風味が良い。

☆。₀:* アメリカとイギリス *:₀。☆

アメリカでは、
 焼き菓子を『クッキー』
 柔らかい菓子パンを『ビスケット』
 塩味の焼き菓子を『クラッカー』

イギリスでは、
 『クッキー』という言葉がない。

▼ちなみに、
ビスケット
アメリカ=『ビスケット』
イギリス=『スコーン』
 同じものを指しているのに、こんな違いもあります。

☆。₀:* 名前の由来 *:₀。☆

クッキーとは、
 オランダ語『小さいお菓子』〈クーク〉という意味。
 ケーキを焼くときに、温度や味をみるための試し焼きとして出来たのが始まり。
 焼き菓子の総称として使われている。

ビスケットとは、
 ラテン語『二度焼かれたパン』(ビスコクトゥス・パーニス)という意味。
 昔、ヨーロッパでは、一度焼いたパンを乾燥させてもう一度焼き
 日持ちのする保存食として作られたものが、ビスケットの始まり。
 
サブレとは、
 フランス語『砂で覆われた』(サブレ)と、
 フランスの『サブレ=シュル=サルト』というフランスの街で生まれたお菓子、
 の二つの由来がある。

  色々とありますが、人やレシピによって多少の違いがありますし、
  好きなものを選んで、楽しく作って美味しく食べれば良いと思います!
クッキー2

:参考HP『全国ビスケット協会

  


スポンサードリンク



コメント

コメントは停止中です。