日焼け止め、塗るのは下地の前?後? 化粧をもっと簡単にする!

紫外線は季節を問わず、年中降り注いでいるもの!

なので、紫外線対策日焼け止めはなるべく毎日しましょう。

でも、下地の前に日焼け止め? それとも後?

毎日の仕事や外出の時に欠かせないのが化粧
その前に、肌のケア紫外線対策をきちんとしておきましょう!

スポンサードリンク


化粧1

☆日焼け止めを付ける順番

朝、で顔を洗う。

化粧水

日焼け止め

化粧下地(ベースメイク)

コンシーラーやコントロールカラー

ファンデーション

 の順に重ねていきます。
 そのあとは、アイラインやマスカラ、チークなどで整えていってください。

化粧下地に日焼け止め効果が含まれているものは、気にせず
  ファンデーションやコンシーラーのに使ってください。
 (粉系の化粧品は最後に)

朝起きた時に洗顔料で顔を洗っていませんか?

 朝起きた時に、洗顔料で顔を洗うのはよくありません!

 紫外線を浴びる前に肌のを落とし過ぎてしまうと、
 肌が敏感になって、皮脂や汗がいつもより多く出てしまいます。

 すると化粧が落ちたり、日焼け止めが流れてしまって効果がなくなってしまいます。
 出来るだけ、水でサッパリさせる程度で顔を洗ってください。

日焼け止めの塗り方

 大体1円玉ほどの量を手に取り、顔全体に薄くまんべんなく塗ります。
 また同じ量を取って2度塗りしましょう。
 (2度塗りをすることで、ムラ塗りすぎになるのを防ぎます)

化粧

 を中心に、顔の内側から外に向かって伸ばします。

 鼻は、額からに向かって。

薄すぎは効果が出ず、塗りすぎは意味がない上に肌荒れの原因にもなります)

 ほお骨の部分は日に当たりやすく、日焼けしやすいので、
 少し入念に重ね塗りをしてください。
 自分の日焼けしやすい場所(おデコなど)もきちんとカバーしましょう。

 日焼け止めの上に化粧下地を塗ることで、ファンデーションなどの粉系の化粧品を
 肌に付きやすく、キレイに化粧品が乗るようになります。

日焼け止めの効果は・・・

☆化粧をした後、大体2時間くらい経ってくると日焼け止めの効果は薄れていきます・・・

 こまめに塗り直すのが一番ですが、その場合は

化粧水で一旦、化粧や汗を拭き取ってから、ふたたび日焼け止めを塗る。
 化粧をまた最初からやり直さないといけないが、紫外線対策には一番いい方法。

ハンカチを水で濡らしてから、しっかりと絞り、
 肌の汗を押さえるようにして汗を拭き取る。
 (汗の油分が肌のべたつきになり、日焼け止めがうまく肌に付かない)

 拭き取ったところに日焼け止めを塗り、上からファンデーションを塗る。
 外出先や仕事の合間にできる簡単な方法。

スプレー式の日焼け止めを吹き付け、手で顔全体に馴染ませる。
 一番簡易で、応急処置程度。
 できれば、汗を上の方法で拭き取ってから拭きつけましょう。

 など、色々な方法があります。
 状況汗の具合などを見て、試してみてください。

☆化粧品を落とす時は、なるべく毛穴に入り込んでしまったファンデーション
 日焼け止めを落とすように気を付けてみてください。
 ぬるま湯で優しく、クレンジングオイルなどを使ってキレイに洗い流してください。

 キレイにした後は毛穴が開いている状態なので、そのまま乾かすとまた汚れが詰まってしまいます。
 早めに化粧水保湿クリームなどでケアしてあげてください。

 

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

スポンサードリンク