上巳の節句とは?

上巳」(ジョウシ)上巳の節句とは、
桃の節句」「ひな祭り」の旧式の呼び名のようなもの。

古代中国から伝わった、を使って穢れを祓う習慣
日本では神事行事として取り入れられていったものです。

スポンサードリンク


桜茶

季節の変わり目には邪気や災いが増えるとされているので、
それらを祓うための大切な行事なんです。

☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆

〇 旧暦の3月の最初の『』の日を上巳と言います。
年によって日付がズレて行事を執り行う日が変わらないように、
3月3日になったようです。

◇ 上巳では・・・
  草や藁で作った人形を飾り付け、撫でたり遊ぶことによって自身の穢れを人形に移します。
  その後、人形は川や海に流して厄を祓いました

 平安時代の貴族では、小さな女の子は人形で遊ぶことがあり、
  この人形をさらに飾り付けて雛人形としたことが、
  『ひな祭り』の始まりだと言われています。

☆ 上巳では・・・
  そして中国で長寿をもたらし、邪気を払うという桃の花を入れた桃酒を飲んで
健康をお祈りするのです。

 桃酒や桃の花を飾ることによって無病息災を願ったり、
  桃の花がだいたい3月3日頃に花を咲かせることから、
  『桃の節句』と呼ばれるようになったようです。

こんないきさつから、
上巳は次第に『桃の節句』や『流し雛』と変化していったのです。

☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆

どれも同じ行事を指しているのですが、
言い方によって少しずつ行うことが違ったり、
飾り付けが違ってくるようです。

そして「上巳」とは、
昔は全ての人が無病息災長寿のお願いをし、
厄払いを行う行事だったのです。

☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆.。₀:*゚✲゚*:₀。☆

ひな祭りについての関連記事♪

『ひな祭りの行事食・ちらし寿司の意味と由来』

ひな祭りの行事食・ハマグリのお吸い物とひし餅の意味と由来

ひな祭りの甘いお菓子!甘酒・白酒と雛あられの意味と由来!

ひな壇の雛人形の飾り方!

雛人形をしまわないと結婚が遅くなるの? 雛人形を飾る意味と時期!

雛人形、お雛様に三人官女、五人囃子・右大臣・左大臣・三人上戸・・・それぞれの意味とは?


スポンサードリンク



コメントを残す